【スポーツベット】基本ルールと実践レポート

遊び方を詳しく解説|初心者でもわかるスポーツベットのルール

スポーツベットの遊び方|配当を獲得する方法、プレイヤーがすることは?

スポーツを対象とした公営ギャンブルでチームや選手の勝敗を予想して、賭けていきます。予想が的中した場合の配当は一律で決められているのではなく、オッズによって倍率が決められます。オッズは同じ結果を予想した人が多くなって、人気化するほど低くなって、逆に同じ予想をする人が少ないものの方が高くなります。必然的に人気のものほど同じように的中しても配当金が少ないので、配当額だけを考えれば人気の低いオッズの高いものが良いです。しかし基本的に人気が低いものは、実現しにくい結果である事が多くて的中確率が悪くなります。

スポーツベットの賭け方|オッズの見方や配当の計算方法を解説

結果を予想してオッズに対して配当がつく公営ギャンブルだと競馬や競輪があります。これらの公営ギャンブルと仕組み自体は同じかというと、仕組みに違いがあります。競馬や競輪に採用されているのはパリミュチュエル方式というオッズのつけ方で主催者が購入額を貯めて、レース後に経費を差し引いた分を人気に合わせて倍率をつけて払い出します。そのため投票の締め切りまで自分が買ったオッズが分かりませんし、一度締め切りを過ぎればオッズの変動はありません。また一度買うと締め切り時に倍率が決定して、後は結果によって配当を受け取るか外れて配当なしになるかです。

一方でブックメーカーのスポーツベットではブックメーカー方式というやり方が採用されていて、ルールに異なる部分があります。ブックメーカー方式では勝った瞬間の倍率が適用されるので、買った後に変動する事はありません。そのため同じ結果を予想した人でも当選時の配当倍率は違いますし、勝った瞬間に当選した時の配当額が分かるルールになっています。競馬や競輪では試合が始まる前の締め切り後は新たな投票は行われずに、結果が出るまでは払い出しも行われません。スポーツベットではルールが違って試合中にも新たに賭ける事もできますし、結果が出る前に払い戻しをする事もできます。

スポーツベットの用語|スポーツベットで使う専門的な用語とは

スポーツベットではキャッシュアウトという機能が使えて、これは一度買った後に結果が出るのを待たずに払い戻しをする事です。この点はパリミュチュエル方式を採用している競馬や競輪と大きく異なる部分で、スポーツベットでは賭けた時よりも人気化してオッズが下がった場合はその差額と掛け金の自体を回収できます。この場合は結果が出るまで待って的中すれば、キャッシュアウトで利益を先に確定するよりも多くの配当金を得られます。ただし的中するとは限らないので、的中する確率とそのタイミングでキャッシュアウトによって、利益を確定させる事を天秤にかけて判断できます。

実戦レポート|実際にオンラインカジノのスポーツベットを遊んでみた

スポーツベットのベッティング画面を解説

これとは逆に買った時よりも不人気化してオッズが上がってしまった時にもキャッシュアウトが使用できて、この場合は買った時のオッズと現在の差の分以外の元金を払い戻せます。試合中に劣勢になって不人気化した場合でもこのまま何もせずに、外れよりはキャッシュアウトで少しでも損失を減らせる機能として使えます。これらを上手く使う事で、長期的にスポーツベットで利益を出す事ができます。

スポーツベットの実践の場面ではキャッシュアウトで利益確定して逃げたり、損切りするべきだと分かっていても、瞬時に動けない事があります。またスポーツベットの対象の試合が行われる時間にマニュアルで操作ができない人もいますが、オートでキャッシュアウトをする機能を使う事で、物理的に不可能だったりしても自動で行えます。それ以外にも一部だけキャッシュアウトする事もできるので、実践の場面では様々なやり方ができます。試合によってはキャッシュアウトが使えない場合もあるので、スポーツベットに参加する時は事前に対象の試合のルールを知っておくべきです。

スポーツベット実践編|20回勝負してみた結果とは

スポーツベットの賭式にはシングルやダブルなど様々なものがあって、競馬や競輪などと比べるとルールが複雑で、理解しにくい部分もありますが、その分だけ自由度が高くて、実践のなかで戦略を立てて参加する事ができます。

スポーツベットでコンスタントに勝って、利益を積み上げるには自分が少しでも詳しいスポーツの試合を選ぶと良いです。その理由は詳しいスポーツほど他の人が気づかない要素に気づいたり、他の人が過小評価したり過大評価している要素を正しく評価できるからです。これによって実際の実力とオッズに乖離があるものを選べるので、スポーツのルールを知っているだけでなく、詳しく知っているというのは実践の場面で大きな差を出します。

スポーツベットに参加するうえで賭けるものの選び方やキャッシュアウトのルールを定めずに、流動的に行うのも一つの方法です。逆にしっかり一定のルールを決めて、そのルールに従って機械的に行動するのも有効な手法です。ルールを決めてキャッシュアウトなどを行うようにしても、実践の中では上手く動けない事もあります。そうならない為にスポーツベットを行う時はキャッシュアウトのオート機能を上手く活用すると良いです。