ルーレット概要|どんなゲームか、攻略法はあるのか

【基本知識】ルーレットはどんなゲーム?

ルーレットは回転式の円盤に球を投げて、どこに落ちるかを当てるゲームで、カジノで置いていないところはありません。遊び方はディーラーが開始前にベルを鳴らし、ゲームの開始を知らせます。この時賭けがないか募ります。プレイヤーがそれぞれ賭け終わったらディーラーがルーレットのロットを回して回転方向と逆に球を投げ入れます。球が落ちていない一定時間に追加の掛け金がないか、または賭けの変更がないかを確認して、時間が過ぎるとベルを二回なして知らせ、ディーラーがどこに球が落ちたかを宣言します。

その後はディーラーが掛け金を回収して、勝ったプレイヤーに配当金を渡します。ゲームではどのように賭けたのかを明確にするために、掛け金と交換したチップをプレイヤーごとに色を変えています。賭けをするときにはプレイヤーが自分でテーブルの上にチップを置くか、ディーラーにチップを渡してどう賭けるかを宣言します。賭けは球を投げ入れる前でも後でもよいとされていますが、不明瞭でわかり難い掛け方や締め切りの後に賭けたものは無効です。

こちらの記事も要チェック!⇒「オンラインカジノで楽しめる!おすすめルーレットランキング!」

【基本知識】ルーレットにはどんな種類があるのか?

ルーレットには球が落ちるように、均等に仕切られたポケットがあり、それぞれ赤か黒、また0から37まで数字が付けられています。ルーレットは使うホイールによって種類が異なっていて、行われいるのはアメリカンスタイル、ヨーロピアンスタイルの主に二種です。アメリカンスタイルは1から36までの数の他に0と00の数字が書かれていて、数字の並びは対角線上になっています。ヨーロピアンスタイルは1から36までと0の数字が書かれていますが数字の並びに規則性がありません。他にも使用するホイールはヨーロピアンスタイルで、テーブルレイアウトが異なるフレンチスタイルがあります。遊び方や賭け方は同じですが、テーブルレイアウトと他の二種にはないアンプリゾンとラパルタージュの二つのルールがあります。

アンプリゾンは勝率がほぼ半分の掛け金に適応されるルールで、例えば赤に賭けて0に入った場合、賭け金の半分が返され、半分は保留という形で残されるというものです。次回賭けて赤に入れば保留分は返ってきますが、黒であれば没収され返金されません。保留した掛け金で勝っても保留した分の金額が戻るだけなので、儲けはありません。またラパルタージュはアンプリゾンと似ていて掛け金の半分が返ってくるシステムになっています。例えば黒に賭けて0に球が落ちると半分は返ってきますが、残りは没収されてしまいます。

より詳しく知りたい方はこちら⇒【バカラ】基本ルールと実践レポート」

【基本知識】ルーレットの歴史について詳しく調べてみた

ルーレットがいつの頃から始められたのかはよくわかっていませんが、古代ローマ時代において兵士が暇を持て余して始めたゲームが始まりであるという説があります。このころの遊び方はホイールではなく自分たちが使っていた盾や車の車輪などを回転させるという方法で、ルーレットの元になった遊び方だといわれています。また古代ギリシャでも戦闘がない時は盾と矢を使ってゲームを行っていたのではないかという説があります。

盾には内側にシンボルが描かれていて、それがわかるように地面に置き、隣に矢を置いて回してどのシンボルを矢が指すかを賭けるのが遊び方になっていました。名前のルーレットはフランス語の「小さなホイール」というのが語源となっていて、現在使われているルーレットのホイールは17世紀の素学者で物理学者、またキリスト教哲学者のパスカルが永久運動について追及した時にできたものをモデルにして作られたと考えられています。

【基本知識】ルーレットの攻略法

ルーレットには100%勝てる方法は存在しないので、ゲームに参加をするときは目標利益と最低負け額を決めておくこと、また運要素を大切にすることです。ルーレットは単純なゲームなので、勝率を上げることはできますが、具体的な作戦を練ることはできません。誰でも参加できて簡単なゲームであれば勝敗が大きく影響するので、安定して勝つことができなくなり、ゲームでの損失が大きくなるためです。しかし初心者でもチップコントロールをすることで、勝率を挙げていくことは可能になります。チップコントロールには単純なものから複雑なものまでたくさんの種類があります。その中からゲームに参加する中で自分が使いやすいもの、わかりやすいものがどれかを判断して使うことが重要です。

ルーレットは初心者に向いているのか検証してみた

ルーレットは初心者でも勝てるのか検証してみた

ルーレットはルールが簡単で、初心者でも参加することができます。また掛け方も一つの数字のみを単発に賭ける方法から、いくつもの数字について同時に賭けるという複雑な掛け方があります。単純に球が入るのは赤か黒かという賭け方ができるので、単発に賭けるのであれば勝てる可能性はありますが、どこに球が落ちるのかは予測が難しいので、連続して勝ち続けることは不可能です。ディーラーの中にはベテランが存在していて、自分の思う通りに球を落とすことができる技術を持っているためです。そのため勝てるかどうかは運もあるので、初心者がゲームで勝つためには参加してどこに球が落ちやすいか傾向を観察して自分でつかんだり、賭け方を考えることが大切です。

初心者がルーレットで勝つためにはどうすればいい?

初心者がルーレットで勝つためには、いくつかの方法があります。ルーレットをするときにはヨーロピアンスタイルを選んで行うことです。アメリカンスタイルだと1から36の数字の他に0と00の二つの数字が加わり、当たる確率は38分の1、ヨーロピアンスタイルは00はないので37分の1で当たる確率が高くなるためです。また初心者はすぐに数字を選んで賭けることはせず、テーブルレイアウトでアウトサイドベットと呼ばれている領域について賭けることです。ここに入っているのは赤黒賭け、奇数偶数賭け、ハイロー賭けやコラムベットやダズンベットで賭け方が単純なので、大きく損をすることがありません。さらに自分に適しているチップコントロール法を見つける、また長い時間をかけて過去のゲームから傾向を見つけることで勝率を挙げることができます。

こちらの記事も要チェック!⇒オンラインカジノの勝率を上げるために知っておくべき攻略法10選」