ベラジョンカジノのボーナス|キャンペーン内容、出金条件についてのまとめ

【2020年9月版】ベラジョンカジノ|ボーナスキャンペーンの詳細とロイヤリティプログラム

【2020年9月版】ベラジョンカジノ|初回入金系ボーナスの詳細

大手オンラインカジノであるベラジョンカジノでは、大きく分けて2種類のボーナスが用意されていまます。まず、初回登録をした際に全員が対象となる「初回入金系ボーナス」は、100ドル(約1万2,000円)の入金をおこなうと、無条件でプレイヤーのチップに40パーセント還元という形でキャッシュバックなされるものです。2019年までは最大で20パーセントになっていて、最小入金額が300ドルからとなっていました。

ベラジョンカジノでは昨今、プレイヤー人口が急激に増加したため大きく緩和したといえるでしょう。さらに、ロイヤリティプログラムというものもあり、こちらは月額200ドルの会費を支払っている方なら、いつでも出金手続きがおこなえるものです。キャンペーンや出金条件がないので、頻繁にプレイをなされる方には好条件といえます。

【2020年9月版】ベラジョンカジノ|初回入金以外のボーナスまとめ

ベラジョンカジノの最新ボーナスは、日替わり・マンスリー・季節イベントの3種類です。まず日替わりとは、毎日ログインすることで受けられるものになっています。月曜から日曜までそれぞれ異なった特典があり、キャンペーンと重なった時はミッションも発生するのが特徴です。最低でも15日間ログインすれば、出金手数料の割引クーポンや、ビデオスロット対応の設定変更チケットを手に入れることが可能です。

マンスリーはいわゆるスタンプラリー方式で、2020年9月は入金キャッシュバッククーポンでした。季節イベントはキャンペーンに分類されるもので、アバター用のアイテムや特典クーポンがあります。これらは勝率に関係なくもらえるので、全プレイヤーを対象にしているのが特徴です。

【2020年9月版】ベラジョンカジノ|ロイヤリティプログラムの内容

ベラジョンカジノにはVIPシステムというものがあります。正式名称はベラジョンカジノ・ロイヤルファミリーというもので、月額200ドルの会費を支払うことで出金条件が緩和されるのが特徴です。一般会員だと200ドル以上でないと払い出しをおこなえませんが、VIPであれば1ドル単にからでも出金出来るのが魅力といえます。

このプロイグラムの注意点は、一度会員登録をすると4か月間継続になるという点です。そのため、初回の会費の支払い時は4か月間分をまとめて支払わないといけません。途中解約をすることはできないので、1度だけの出金だとあまりメリットはなく、じっくりと考えて登録をしましょう。

ベラジョンカジノ|ボーナスを獲得するメリット・デメリット、注意事項はあるのか?

ベラジョンカジノ|簡単には出金できない!ボーナスの出金条件や禁止ゲーム、除外ゲーム

このオンラインゲームでは、プレイヤーの審査を厳しくおこなっているため、ボーナス条件を満たしていても簡単に出金できないというデメリットがあります。また、身分証明書を提出していないと、金額に関わらず出金ができないので注意をしましょう。メリットに関しては、安全性が非常に高いということです。特にキャンペーンの際は、各プレイヤー一人ひとりにDMという形でアプローチをなされます。

ベラジョンカジノ|実は要らない?ボーナスを獲得するメリット・デメリット

ボーナスは必ず受け取るようにしましょう。ベラジョンカジノの場合、出金条件が細かく設定されているので、それらを緩和するのにボーナスは非常に役立ちますデメリットとして挙げられる点は、各種ボーナスに使用期限があるということです。発行されてから2週間以内に使用しないといけないので、すぐに利用するのが望ましいです。これはさほどデメリットには含まれないので、メリットの方が大きいでしょう。

ベラジョンカジノ|ボーナス獲得する際に注意をしておくべき内容とは

ベラジョンカジノボーナス没収というのが、利用規約違反をした時に発生します。ベラジョンカジノ禁止事項は、公式ホームページに記載されていて、ベラジョンカジノでは不正行為を厳しく取り締まっています。ベラジョンカジノボーナス規約によると、各プレイヤーに配給された出金条件に関するボーナスは、他者に譲ってはいけないとなっていることがわかりました。

この利用規約を破ったときは、アカウントの凍結やチップの没収もなされるので、気を付けるようにしましょう。利用規約はすべて日本語で表記されていて、いつでもゲーム内のヘルプから見ることが可能です。ベラジョンカジノでは、安全性を高めているため利用規約も細かく設定されています。快適なゲーム環境を維持するうえでも、規約を守るようにすることが大切だといえるでしょう。ボーナス関係は特に慎重に扱うことが大切です。