【ビデオポーカー】基本ルールと実践レポート

遊び方を詳しく解説|初心者でもわかるビデオポーカーのルール

ビデオポーカーのルール|勝ち負けの基準、プレイヤーがすることは?

ビデオポーカーのルールについてですが、勝ち負けの判定については、配られたカードから配役を作ることでゲームが成立するという仕組み上、強い役を作ればその役に応じた掛け金が貰えるという仕組みです。つまり掛け金を最初に賭けてから、配られたカードで配役を作り、その役が強い配役だったらそれに応じた掛け金が貰えるということなので、プレイヤーがすることはひたすら役を作り上げることです。

その上で、一番強い配役はロイヤルストレートフラッシュと言う配役で、同じ絵柄のカードでかつ数字の11から上の数字でそろえた役が一番強い役になり、一番弱い役は同じ数字のカードがあるだけを一番弱い役とします。このように数字と絵柄をそろえることで強弱が生まれそれを役と言います。役は、成立しにくい者ほど強くなるので絵柄をそろえた上で11よりも大きい数字と言う限定的な役はとても強い役となるわけです。

ビデオポーカーの役|配当が揃う条件と配当を解説

ビデオポーカーの役ですが、一番強い役から順に説明しますとロイヤルストレートフラッシュになり、これは絵柄を5つあるカードすべてそろえた上で数字が11から上の数をそろえることです。そして次に強いのが、ストレートフラッシュで11以下の数字で役柄が揃いかつ絵柄が揃っている状態がストレートフラッシュになります。その為8から数字が始まり、12までの数でかつ絵柄が揃っていればストレートフラッシュとなるのです。

他にはフォーカード言う役柄がありこれは数が同じであれば成立し、絵柄は関係なく5つのカードの数字が4つあえて成立します。次にフルハウスですが、これは5つあるカードの数3つが揃いあとの二つも別の数字で揃う状態がフルハウスとなります。フラッシュの役は、絵柄が揃えばフラッシュとして成立します。ストレートは数字が揃っていれば絵柄をそろえなくても成立する役です。スリーカードは、同じ数字のカードが揃えば成立です。そしてツーペアとワンペアですが、これらは数字のみがペアとなればツーペアかワンペアが成立します。

これらの役柄に応じ、揃えにくい役が揃うことで各ビデオポーカーで配当が貰えるのです。詰まり、絵柄が同じものでかつ11よりも大きな数字であるという限定的な条件が付けば付くほど役が成立しにくくなる為、役柄はとても強い役となるわけです。

ビデオポーカーの用語|ビデオポーカーで使う専門的な用語とは

ビデオポーカーで使う専門用語ですが、まずは最大賭けがありこれは、ポーカーのルールに乗っ取り、ワンハンドのゲームにすべてのコインを賭けてゲームに興じるという意味です。これに対して一枚賭けと言うのもありこれは一つのゲームにコイン一つでゲームをプレイすることを意味します。ディール/ドローは手札の配り直しでドローはその名の通り札を引くことを意味しトランプを取ることを意味します。

他にもクレジットウィンドウはマシンの投入したコインを表示することを意味し、ペイアウトウインドウは最後のゲームの賞金額を表示する意味です。

実戦レポート|実際にオンラインカジノのビデオポーカーを遊んでみた

ビデオポーカーのゲーム画面を解説

デュース・ワイルド・マルチ・ハンドにおいては、ポーカーのルールがちょっと特殊で、ワイルドカードと呼ばれるカードがルールに適応されている点がほかのビデオポーカーと異なります。このルールは、簡単に言えば、2のカードがジョーカー扱いになりAの数字よりも強いカードとして置き換わります。その上でロイヤルストレートを作り上げるとジョーカーを含んだ特殊なロイヤルストレートとなる為、ゲーム性は高いです。

ルールが特殊になる分、純粋なポーカーとは異なるゲーム性になるのが面白みがあるポイントで通常のルールに飽きた方なら楽しめる除荷―ルールが適応されているデュース・ワイルド・マルチ・ハンドは面白みのあるビデオポーカーです。

ビデオポーカー実践編|20回勝負してみた結果とは

デュース・ワイルド・マルチ・ハンドでゲームをプレイして実践できる手法については、ある程度ジョーカーの動きを重きに置かなければならない点があります。これは、例えば数字をそろえる方が得であるか、あえて数字ではなく絵柄をそろえることに重きを置くかと言うことです。このどちらかを実践することで得られることは、最低でもフルハウス以上の配役を作れるかもしれないという点に重きを置けることです。

もちろん、それ以上をこの手法で実践出来れば理論的にはロイヤルストレートフラッシュを狙うか数字だけをそろえるのが望ましいのですが、それについてはあまり現実的ではなく運が絡むため実践としてはペアを作るか数字をそろえるかのどちらかに徹した方が安全であるという結果になりました。