楽しむならここ!カジノが遊べるオススメの国

世界にあるギャンブルが遊べる国とおすすめの場所

世界には80カ国以上のギャンブル合法国がある

世界中には80カ国以上カジノを合法化している国があることを知っていますか。日本だとなかなか馴染みがないかもしれません。しかし、カジノの起源はヨーロッパです。世界最古のカジノはイタリアのカジノ・ディ・ヴェネツィアであるとされます。ヴェネツィアといえば水の都として有名ですが、多くの観光客は実はギャンブルを楽しむためにも訪れていました。さて、現在は欧州から広がりアジアやアメリカ大陸、オセアニア地域にも広がりました。それでは人気の国と地域を紹介します。

こちらの記事も要チェック!⇒「オンラインカジノの安全性をライセンスからチェック!」

アジアにあるギャンブルの聖地マカオ

現在世界最大のギャンブルタウンといえばどこか分かりますか。ラスベガスを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は違います。正解は中国のマカオになります。すでにラスベガスを抜いて世界のナンバーワンに成長しました。マカオのカジノの特徴は総合型リゾート施設が非常に充実していることです。そのため、ギャンブル以外の娯楽についても様々な選択肢があります。有名なカジノ施設といえば、シティオブドリームスやギャラクシー・マカオが有名です。

日本からすぐに行ける韓国のおすすめリゾート

日本からもっとも近い外国として人気の韓国ですが、ここにも有名なガジノ施設があります。韓国のカジノの特徴は首都で遊べることです。首都ソウルにはセブンラックとパラダイスのウォーカーヒルがあります。セブンラックにはソウルヒルトン店とソウル江南店の2つがあり、映画館や水族館、劇場なども併設されている巨大施設です。料理店や洋服店も多数そろえているので、買い物や食べ物も楽しめることが魅力です。ウォーカーヒルも高級感の漂う施設です。1968年に創業と韓国でも長い歴史を誇る品格があります。

観光地としても人気があるシンガポール

シンガポールのカジノの特徴は、安全なところです。賭け事というとどうしても黒いイメージがつきまといますが、シンガポールは治安がいい国です。夜でも安心して外を出歩けますし、犯罪に巻き込まれる危険性も少なくなります。有名なカジノ施設はマリーナベイサンズです。世界最大のシャンデリアがある豪華なところで、上層階には富裕層向けの高額掛け金エリアがあります。交通の便が良いところも魅力で、建物自体が駅直結です。気軽にギャンブルを楽しめるでしょう。

格安で行けるフィリピンでギャンブルを楽しもう

フィリピンのカジノの特徴はとにかく安いということです。まず、日本から近いので飛行機代があまりかかりません。ギャンブルのメッカと言われるマニラは昔から賭け事が盛んな地域でした。日本円が強いので2万円から3万円もあれば十分に楽しめるでしょう。有名なカジノ施設はほとんどがホテル経営を行っており、料理店やブティックも楽しめます。治安に関しては、夜は少し心配なところもありますがホテル内で完結することもできるので大丈夫です。

歴史を感じられるカンボジアでギャンブルを楽しむ

カンボジアのカジノの特徴を紹介する前に、ひとつトピックとしてこの国は非常に注目されている地域です。新しい法律が施行されたことにより、賭け事に関してアジアでもっとも低い税率となりました。観光事業を後押しする企業や政治家も増えてきており、2020年代のカンボジアは注目株といえます。有名なカジノ施設はプノンペンにあるナーガです。プノンペンでは唯一といってもいい本格的な施設で、ゲームが楽しめることはもちろん夜にライトアップされる独立記念塔は幻想的な美しさを持ちます。

ギャンブル都市の代表アメリカ・ラスベガス

ラスベガスはもはや説明不要の巨大ギャンブル都市です。その歴史は1940年代からで、巨大リゾートホテルのフラミンゴが誕生したことによります。アメリカラスベガスのカジノの特徴は街全体がひとつのギャンブル都市になっていることです。いくつもの施設で賭け事が楽しめますが、有名な施設をひとつ紹介するならマンダレイベイは人気でしょう。マンダレイベイはギャンブルでも有名ですが、大きな劇用やホールがあり、ここではボクシングの世界ヘビー級マッチが行われました。

小さな国土に4つのカジノを持つモナコ

フランスのなかにあるモナコ公国は、小さな土地に4つの有名なカジノ施設を持つ国です。特に世界でもっとも格式があると言われるGrandCasinoは夜の社交場としても人気があります。このことからも分かる通り、モナコのカジノの特徴は豪華絢爛で建物や小物などがすべて美しいことです。モナコにはオペラハウスがあり、これはパリのオペラ座を設計した建築家のガルニエによります。このオペラハウスから直結しているので、オペラを楽しんだあと、ギャンブルに興じることもできます。

ヨーロッパの中心地はイギリスだった

実はイギリスはギャンブル大国です。スポーツベッティングやブックメーカーは特に有名ですが、有名なカジノ施設も複数あります。イギリスのガジノの特徴は気軽に立ち寄れるところから、富裕層向けの施設までバラエティに富んでいることです。スポーツマンロンドンは仕事終わりのビジネスマンも立ち寄りやすいところで、パークタワーは5つ星に併設しています。クロックフォードのように歴史の古いところもあって、様々なグレードが楽しめるでしょう。

オセアニアのギャンブルの中心地オーストラリア

日本の真南にあるオーストラリアのカジノの特徴は何でしょうか。実はオーストラリアはギャンブル大国です。シドニーやメルボルンといった人口の多い大都市には、必ずといっていいほど有名なカジノ施設があります。人気のゲームはバカラやパイゴウポーカー、シックボーなど王道のゲームたちです。入場無料のところも多いので気軽に立ち寄れることも魅力で、ドレスコードはあまり制限がありません。ひとつ注意点として、オーストラリアはディーラーやスタッフにチップを渡すことは禁止されています。