オンラインカジノは違法なのか?逮捕者がでているインカジとの違い

日本でギャンブルを取り締まる法律|賭博罪、賭博開帳図利罪

オンラインカジノで遊ぶ場合、それが違法なのか合法なのか、その線引きはどこにあるのかなどを理解しておくのが安全です。日本でギャンブルを取り締まる法律には賭博罪や賭博開帳図利罪などがあります。賭博法詳細としては、何か偶然の要素によって決まる結果に対して金品を賭けて勝負をすると、50万円以下の罰金に処されるというものになっています。要するによく切った一組のカードから1枚引くとか、ダイスを振るといった偶然の要素で結果が決まる物事に賭けをすると賭博という罪になるわけです。

こちらの記事も要チェック!⇒安全にプレイするために理解しておくべきカジノに関する2つの法律」

また、賭博開帳図利罪とは賭博を開催することで、こちらは罰金刑ではなく懲役刑になります。ただし、競馬や競輪、宝くじなどは偶然の要素によって結果が決まりますから言葉の意味の上では賭博になりますが、これらは例外的に認められています。言い換えれば、日本においては公営ギャンブル以外の賭博は違法だということです。パチンコやパチスロは、建前上は金品を賭けていませんから賭博ではありません。

オンラインカジノは違法?逮捕者がでた例もある

ではオンラインカジノは日本では違法なのでしょうか。法律の上では確かにそのとおりと言えるかもしれませんが、実際の運用上はオンラインカジノはグレーゾーンとなっています。これは、法律の条文には明記されていないものの、現実として賭博はその親というか胴元と一緒でないと、単に賭けに参加しただけの人を処罰してもあまり意味がないと考えられているためです。

逆に言うと、問題ないと考えられるのはカジノの運営会社が海外にあり、日本人限定でサービスをしていない場合に限るということになります。海外の運営会社にまで日本の法律を適用できないためで、日本に運営会社があったドリームカジノは運営者が逮捕されていることに十分注意が必要でしょう。いくらオンラインカジノであっても、国内で運営されていれば明確に違法となってしまうのです。なお、プレイヤーが摘発された事例もあるが、控訴した人は不起訴になっているため、当局としてもまだいろいろな戸惑いがあるのかもしれません。

詳しく知りたい方はこちら⇒オンラインカジノで逮捕された?過去の事件から見るカジノの安全性」

逮捕者が出ているインカジとは何が違うのか?

オンラインカジノの違法性を考えた場合、実際に逮捕者も出ているインカジと何が違うのでしょうか。インカジはインターネットカフェのような場所でパソコンを使ってカジノゲームを行うわけで、胴元は明らかに日本国内にいます。要するに胴元もその場にいるので警察が来るとプレイヤーも一緒に逮捕されることになるわけで、違法であることの言い逃れのしようがありません。オンラインカジノと同じく、インカジはパソコンを使っているので国内でプレイしていないと錯覚する人もいるので要注意です。

パソコンを使わない裏カジノなども同様であり、とにかく胴元が海外にいて日本の法律が及ばないのか、それともたとえプレイしているその場にいなくても、日本国内にいるのかどうかが違法性の切り分けに大いに影響するということになります。インターネットやオンラインを介している場合、一見すると自分自身ではなかなか区別が付きにくい点ですから、少しでも危ないと思えば避けたほうが無難でしょう。

海外でオンラインカジノをプレイする際の注意事項

わざわざ海外に行ってまでオンラインカジノをプレイする人は少数派ではないかというか、海外に行くくらいなら現地のランドカジノに行ったほうが良いのではないかと思うこともありますが、いつでもどこでもプレイできるのが特徴でもありますから、このようなケースもあるかもしれません。日本ではオンラインカジノはグレーゾーンだが、海外は法律が異なることに十分注意が必要でしょう。即ち、オンラインカジノが合法な国もあれば違法な国もあるということです。

オンラインカジノはネットに繋がっていればどこからでもプレイできるが、違法な国でプレイすると逮捕される可能性があるわけで、海外で逮捕されるようなことになればその後非常に厄介なことになりかねません。ホテルの部屋とかインターネットカフェなどでオンラインカジノをプレイしていたら突然警察が踏み込んで来るということもあるかもしれない訳で、海外ではオンラインカジノは控えるようにしたほうが賢明でしょう。

オンラインカジノで逮捕されないために必要なこと

一般にグレーゾーンと言われるオンラインカジノですが、これは言い換えればちょっとした不注意でクロと見なされてしまう可能性もあるということです。思わぬところで違法とされないためにも、まずはオンラインカジノをしっかり選ぶことが大事でしょう。簡単に言えば、海外に運営会社があり、日本以外にもサービス展開しているカジノであればまず安全です。運営会社が国内にあったり、日本人だけを相手にしているようなカジノは日本の警察も黙って見過ごすことはできません。

そのためにも、カジノのサイト上にある情報をくまなくチェックするようにしましょう。インターネット上では様々な偽装サイトがあることは良く知られています。最近のオンラインカジノの隆盛に乗り遅れまいと、一見して海外にあるカジノのように見せかけて、実は国内で運営しているような悪質なものも紛れ込んでいるかもしれません。インターネット上の評判などもチェックすることも有用です。