【チップコントロール法】ウィナーズ投資法の賭け方や対象ゲームについてまとめてみた

ウィナーズ投資法|主な特徴と得られるリターン

ウィナーズ投資法とは、増額投資法の一つでマーチングゲール法やココモ法、モンテカルロ法などの増額投資法の中でも知名度が高めの攻略法です。少ないリスクで利益を獲得する、やり方を把握しておけばオンラインカジノをより楽しいものに変えてくれます。ちなみに、この攻略法は海外のカジノ店だけでなく日本の中で開催されている競馬などの公営競技、ギャンブルの世界でも有名な手法ですからやり方を学んでおけば幅広く使えるメリットもあるわけです。

ちなみに、ウィナーズ投資法はオークションの中で戦略内容が売買されることもある人気の必勝法でもあるなどからも効果への期待も高まります。その効果は、49ゲームを行った際の検証結果を見れば一目瞭然、この必勝法で成功した回数は49回の中で3回でした。この回数だけを見ると効果がないのではないか、このように考える人も多いかと思われますが、この投資法をカジノゲームの中で取り入れると、負けて積もり積もった損失額の回収ができる利益を確保できるなどが決勝結果からわかります。

こちらの記事も要チェック!⇒ウィナーズ投資法は使えるのか?実践シミュレーションで効果を検証」

ウィナーズ投資法|どのように賭けるか手順を解説

ウィナーズ投資法はモンテカルロ法に似た性質があり、数列や数字を元に計算する戦略的なやり方です。賭け方の特徴は、2連敗するまでは最初に設定した金額で勝負するやり方、2連敗した後にこの手法を実践するなどの特徴があります。そのため、2連敗しなければこのやり方は利用することができないわけですが、勝負の中で2連敗になったときがチャンスといえましょう。手順はゲームに負けた時に、直前に賭けたゲームの掛け金を記録する、勝ったときには記録してある数字を1つ削除するなど記録を行うことも大切です。

この記録はエクセルなどのワークシートを活用するのがおすすめ、効果があるのか否かはその記録を見ることでわかります。例えば、A列からゲーム数・記録・賭け(ルーレットなどでは赤や黒)、掛け金・勝敗・累計損失・終了後の記録、これらの列に各ゲームの結果を記します。数列および数字はゲームの勝敗で変化しますので、毎回計算をしながら実践することで効果の有無を実感できます。

ウィナーズ投資法|どんなゲームに活用できるのか?

ウィナーズ投資法の対象および有効なゲームは、ルーレットやバカラなどのような勝率が約50%になるゲームです。ポーカーやスロットなどは対象外になる理由は勝率が変動するためです。ルーレットなら奇数・偶数や赤・黒に賭けるときに対象になり、バカラもディーラーおよび客役のいずれかに賭けるやり方になるので対象になるわけです。仮に、1ドルを賭け金にしてルーレットの赤に賭ける、このときの結果が黒になるとそのゲームは負けとなり1ドルは没収、累計損失は-1ドルです。2連敗した後に利用するのがウィナーズ投資法ですから2ゲーム目も同じ金額で赤で勝負します。

結果が黒となりゲームに負けると掛け金の1ドルは没収、累計損失は-2ドルです。そしてこの時点で2連敗していますので、ウィナーズ投資法を使う形になるわけですが、このときのポイントは記録してある数列11の左側の数字を2倍にした金額、2ドルを赤に賭けてゲームをします。結果が黒になりゲームに負けて-4ドルになりますが、このときの記録する数列は112です。これを繰り返しながらその都度賭ける金額を数列に合わせて行くのがウィナーズ投資法です。

ウィナーズ投資法|この方法を活用するメリット

ウィナーズ投資法には4つのメリットがあるといわれているのですが、その1つ目は負けおよび負けが続いていても掛け金が急激に増えることはありません。2つ目は五分五分の結果の場合でも利益を生み出せる、3つ目は負けて損失が大きくなってもリスクを抑えながら徐々に回収できる、そして4つ目は損失額をカバーしつつ利益を確保できるなどが挙げられます。

ルーレットには色々な賭け方があるわけですが、数多くの数字に賭けるとなると資金も多く必要になって来ます。しかし、赤と黒、奇数と偶数のいずれかに賭けるやり方では少額な掛け金で遊べる、しかもウィナーズ投資法は同じ賭け方で遊べるなどからもルーレットに有利な必勝法といえましょう。

ウィナーズ投資法|この方法で生じるデメリット

ウィナーズ投資法には損失をカバーしながら利益を確保できるなどのメリットがありますが、勝ち負けが交互になった場合掛け金が大きくなるデメリットを持ちます。最初に連勝した場合は五分五分の結果でも損失になる、連勝が続いた場合には大きな利益にならないなどのデメリットもないわけではありません。これに加えて、数列および数字の変化があるので計算が複雑になりがち、このようなデメリットもあるためウィナーズ投資法を利用する際にはデメリットがあることも把握することが大切です。