【チップコントロール法】グッドマン法の賭け方や対象ゲームについてまとめてみた

グッドマン法|主な特徴と得られるリターン

グッドマン法とはカジノゲームでのチップコントロール法、言い替えればどの勝負にチップを何枚賭けるのが良いかの戦略の一つです。カジノゲームはごく一部を除いて勝負の結果に経験というかテクニックが介入する余地がほぼないため、プレイヤーができることとしてチップコントロールが重要なのは言うまでもありません。グッドマン法の効果や主な特徴として、やり方が初心者でも分かりやすい比較的簡単なものであること、対象のゲームをあまり選ばないこと、そしてたとえ損失を出しても大きなリスクを負わないことが挙げられます。

毎回賭けるチップの枚数に変動はありますが、計算して求めるようなものではありませんからやり方は決して複雑でなく頭の中で記憶しながらできるレベルです。爆発的に利益を大きくできる訳ではないものの連勝の波に乗ればかなりの利益を手にできる上に、負けても損失は限定的にできるという効果があり、全体として言えば簡単なやり方で多くのゲームを対象にしつつ、ローリスクでミドルリターンを狙うというかなり堅実なものと言えます。

こちらの記事も要チェック!⇒グッドマン法は使えるのか?実践シミュレーションで効果を検証」

グッドマン法|どのように賭けるか手順を解説

グッドマン法の賭け方はどのようなものなのでしょうか。グッドマン法のベット方法ですが、このやり方は別名1235法とも呼ばれるもので、勝ちが続く限りはこの数字に従って対象となるゲームに賭けます。つまり、1回目は1単位、2回目は2単位、3回目は3単位、4回目は5単位というようにです。連勝すると次第に賭け金がアップしていくことが分かります。

ただし、もし4回目も勝てば、5回目以降は勝ちが続く限り常に5単位を賭けますので、それ以上に賭け金が際限なく増えていくようなことはありません。リスクを抑制できる効果を持っているのはこの賭け方に秘密があるわけです。一方で、一度でも負けるとこの順番に従って賭けるのではなくて最初に戻し、また1単位を賭けるところから始めることになります。グッドマン法の手順はこれだけで、1235法と覚えておけばやり方を間違えることはないでしょうし、紙にメモしたりする必要性もない程度のはずです。

グッドマン法|どんなゲームに活用できるのか?

グッドマン法の対象となるゲームですが、基本的には勝率が1/2で、勝ったときの倍率が2倍となるゲームで効果を発揮します。このようなゲームはカジノではいくらでもあるというか、ほとんどのゲームでこの賭け方は用意されていますから、対象の選択に困るようなことはまずないでしょう。つまり、グッドマン法が有効なゲームはカジノの全てと言っても良いわけです。

バカラ、ブラックジャック、ルーレット、大小など有名なゲームのほとんどに適用できます。ただ、同じゲームであっても勝率が1/2ではなく、勝ったときの倍率も2倍ではない賭け方が用意されていることはありますので、その場合にはこの方法は直接的には応用できません。変形して使う手はないわけではありませんが、複雑になりすぎますので実際的ではないでしょう。一方で賭け金を決める判断そのものがゲーム性そのものに大きく関わっているポーカーなどでは適用するのは困難というか、効果はあまりありません。

グッドマン法|この方法を活用するメリット

グッドマン法のメリットですが、2連勝できると、その後は負けたとしてもトータルで資金が減ることはありません。1回負けるまでの一連のゲームを1クールと考えますと、3連勝以上できればそのクールの利益が確定しますし、4連勝以上できればかなり大きな利益を手にすることができます。4連勝後に5回目で負けた場合のトータル収支は6単位のプラスとなるはずです。

ここでグッドマン法が有利とされるのは、負けた場合のリスクの低さでしょう。そこまで連勝できずに負けてしまったような場合、つまり1回目や2回目で負けてしまった場合には損失が発生しますが、それはわずか1単位に限定されるのです。3回目で負けた場合にはトータルで差し引きゼロであり、4回目以降の負けであれば損失はありません。つまり、1クール中の損失は最大でも1単位に留まるのがこの方法の大きな効果ということで、損失は限定しつつある程度の利益を狙いに行く戦略としてぴったりです。

グッドマン法|この方法で生じるデメリット

一方でグッドマン法のデメリットですが、ある程度連勝ができないと少しずつではあるものの収支はマイナスになっていくことが挙げられます。これはグッドマン法のリスクともいえ、例えば1勝1敗が続いた場合、トータルでは勝率50%ですから収支も差し引きゼロになるかというとそうはなりません。1単位賭けて勝ち、次に2単位賭けて負けるのを繰り返すことになるわけですから、1クールで1単位の損失が積み重なることになります。

同様に、2連勝後に1敗するのが続いた場合、トータルでの勝率は67%もあってそれなりの利益を手にしたいところですが、この方法を適用していると収支は実はプラスマイナスゼロになるのです。最初の2回の賭けに勝った利益は3単位ですが、それをそのまま3回目に投資して失うことになるからで、これはかなり悔しいパターンと言えるでしょう。このように、グッドマン法の注意点として、確かに損失は限定的ではあるものの、逆に3連勝、4連勝以上がないとなかなか儲からないことが挙げられます。