【チップコントロール法】10%法の賭け方や対象ゲームについてまとめてみた

10%法|主な特徴と得られるリターン

10%法とは様々なカジノゲームを対象としたチップコントロール法の一つです。カジノゲームでは、ブラックジャックやポーカーなど、腕前次第で勝率を上げることができるものも一部存在しますが、ほとんどのゲームは運というか偶然の勝負で、流れを読むといった受け身の作戦はもちろん取れても、積極的に勝負の結果に介入する手段はないことが普通です。ですから、プレイヤーが積極的に自分の意思で行えることとして、その勝負にいくらのチップを賭けるのかのチップコントロールは常に重要なポイントとなります。

これはそのような方法の一つですが、10%法の効果は、勝ちが続くことで資金を大きく増やせる一方で、仮に負けが続いたとしても資金の損失は限定的にできることです。そして、対象のゲームをほぼ全く選ばないこと、やり方も比較的分かりやすいことが特徴で、初心者から腕に覚えのある人まで、どんな人でもこの方法を取り入れることが可能となっています。

こちらの記事も要チェック!⇒10%法の効果、やり方、対象ゲームについてまとめてみた」

10%法|どのように賭けるか手順を解説

10%法の賭け方ですが、やり方はある意味で非常に単純です。10%法のベット方法は、とにかくどんなゲームのどんな勝負であっても、その際に自分が持っているトータル資金の10%を賭けるということだからです。仮に自分がその時点で100ドル持っていれば10%の10ドルを賭けますし、500ドル持っていれば50ドル、50ドルしか持っていなければ5ドルを賭けるといった具合です。

これが10%法の手順であり、前のゲームでの賭け金がいくらだったかを覚えておくとか、紙にメモした数値を計算して次の賭け金を決めるといったやり方ではありませんから、比較的分かりやすいと言えるでしょう。確かに自分がいまトータルでいくら持っているのか、そしてその10%はいくらなのかを計算する必要はありますが、これはよほど資金が多い人とか複雑な賭け方をしてチップの種類や枚数が極端に増えてしまったような場合を除いて、暗算でも十分に可能なレベルのはずです。

10%法|どんなゲームに活用できるのか?

10%法の対象ですが、この方法の効果というか特徴として、対象を特に選ばないということが挙げられます。数あるチップコントロール法の多くは勝率50%、勝ったときの倍率2倍というゲームにしか基本適用できないものが多いですが、この方法ではそんなことはありません。2倍のゲームだけでなく、3倍とか4倍といったゲームでも何らやり方を変えることなくそのまま適用対象とできます。

ただ、さすがに倍率がもっと高いゲーム、例えばルーレットの1点賭けなどに適用するのは相当なリスクが伴いますのでやり方は考えたほうが良いでしょうが、基本的にはそのまま使えるのです。その意味では10%法が有効なゲームはカジノゲームの全てということもできます。なお、カジノゲームでは賭け金の下限と上限が決められていることが普通ですから、資金総額によっては10%を賭けたくても賭けられないこともあるかもしれませんし、スロットマシンのように賭け金が定額制のものもありますからその点は注意が必要です。

10%法|この方法を活用するメリット

10%法のメリットというか効果ですが、勝ちが続けばそのときの資金の10%ずつ増えていくことになります。ここで大事なことは累積の効果であり、例えば最初100ドル持っていて連勝が続いた場合、1回目は10ドル増えて110ドルですが2回目は10ドルではなく11ドル増え、121ドルになるということです。この次は数学的には12.1ドル増えることになりますが端数は賭けられないとすると12ドル増えて133ドル、次は同様に13ドル増えて146ドルというように、勝ちが続くと決して10ドルずつではなくより大きく増えることが特徴となります。

10%法が有利とされるのはこの逆のパターンでも当てはまります。負けが続いた場合を計算してみると分かりますが、決して資金は10ドルずつ減るわけではありません。減り方はより緩やかになる効果が得られることが分かるでしょう。つまり、勝ちは大きく、負けは少なくを実践する方法だと言えるわけです。

10%法|この方法で生じるデメリット

10%法のデメリットですが、負けから始まる1勝1敗が続いた場合、たとえ最後に勝ちで終わってトータルの勝率が50%になったとしても資金は減ってしまうということが挙げられます。ちょっと計算すると分かりますが、例えば最初に10000円持っていた場合、1回目は1000円賭けて負け9000円になります。2回目は900円賭けるので、勝っても10000円には戻らず9900円にしかなりません。このパターンを繰り返すのですから、勝率50%にもかかわらず資金は徐々にではありますが減ってしまうのです。

これは10%法のリスクと言えます。逆に、勝ちから始まる1勝1敗が続いた場合には、たとえ最後に負けで終わったとしても資金を増やすことができます。なお、一般的な10%法の注意点として、資金の10%というのは意外なほど大きいと感じることもあり、どれくらいの自己資金を用意するかにももちろん左右されるのですが、多くの資金を用意しつつゆっくり、じっくりと勝負したい場合にはあまり向いていないかもしれません。