10%法は使えるのか?実践シミュレーションで効果を検証

10%法を使うと本当に勝てるのかシミュレーションしてみた

10%法が使用できるゲームを選択

10%法はカジノゲーム攻略法の一つ、使い方はとてもシンプルなのですが、そのコツは資金の10%を賭けることです。この攻略法はマーチンゲール法などのような有名なベット手法ではありませんので、マーチンゲール法を知っていても10%法を知らない人も多いのではないでしょうか。しかし、この手法は上手に活用すると比較的堅実的なベット方法で資金を着実に増やせる魅力を持ちます。

10%法の対象ゲームについておさらいですが、ベラジョンカジノのテーブルゲームからルーレット・バカラ・ブラックジャックを使い、その効果がどのようになるのか実践を通じて説明しましょう。ちなみに、10%法はカジノゲームの中でもルーレットをはじめ、シックボー・バカラ・ブラックジャック・クラップスなどのゲームで活用できる攻略法です。この5つの中でもルーレット・バカラ・ブラックジャックは人気が高いカジノゲームなどから、これらを実践で活用その効果がどのようなものであるのかシミュレーションを通じて把握しましょう。

【実践】ルーレットで10%法を試した結果

ここでのポイントは、ベラジョンカジノの無料プレイの初期資金を元にして10%を実践するといったシミュレーションをご紹介しておきます。ルーレットで10回勝負をして収支結果を表にまとめ、スクリーンショットを使い解説します。ルーレットは、回転盤でもあるホイールの数字のどこに球が入るのか予測するカジノゲーム、10%法を利用する際にはいろいろな方法がありますが、ここでは赤もしくは黒のいずれかを予測する赤・黒賭けで行います。

現在の残高が100ドルの場合には、10%法では資金の10%を使いますのでドルで勝負します。勝利すると20ドル獲得になりますが、負けた場合でも大きな損失はありません。続けて2回目も資金の10%を賭けることになりますが、1回目で勝利して資金は110ドルになるので2回目の掛け金は11ドルで勝負することになる、これを10回繰り返した結果がスクリーンショットにあるシミュレーション結果です。

【実践】バカラで10%法を試した結果

バカラの場合もルーレットと同じく、ベラジョンカジノの無料プレイの初期資金を元に10%を実践してシミュレーションしてみます。カラで10回勝負をした際の収支結果を表にまとめ、それをスクリーンショットで解説します。バカラはバンカーとプレイヤーの勝負を予測するカジノゲーム、配布された2枚のカードが9に近い方が勝ちになります。ただ、バカラは3枚目のカードを引いて勝負することもあるのですが、3枚目を引くためにはいくつかの条件が揃っている必要があるので注意が必要です。

しかしながら、3枚目を引くか否かは自分が決めるわけでなくバンカーおよびプレイヤーが行うため、バカラでシミュレーションをする際には特別何かをする必要はありません。バカラには過去の出目の傾向を掴める罫線があるので、10%法でシミュレーションを行うときにも罫線を利用してゲームの流れを掴みながら進める、これにより10%法による効果を高めるメリットもあります。

【実践】ブラックジャックで10%法を試した結果

ブラックジャックのシミュレーションをするときも、無料プレイの初期資金を元に10%を実践します。ブラックジャックで10回勝負した際の収支結果を表にまとめ、スクリーンショットを使い解説します。ブラックジャックは親でもあるディーラーとプレイヤーとの勝負、お互いに配布されたカード合計が21を超えない範囲で21に近い方が勝利になるカードゲームです。

ブラックジャックで10%法を使いシミュレーションするときには残高の10%を賭ける、ディーラーに勝つと20ドルを受け取ることができますし、ブラックジャック(カード合計がジャスト21)になった際には貰える金額が1.5倍になるので、収支シミュレーションの中でこのようなタイミングがあるときには注意が必要です。シミュレーションを見ると、連続で負けている場合でも大きく負けることはない、効果がある攻略法であることがわかるのではないでしょうか。

【検証結果】10%法はリスクヘッジは可能だが、必ずしも勝てるわけではない

ルーレット・バカラ・ブラックジャックの3種類のカジノゲームで10%法を実践してみました。この攻略法の効果はシミュレーション結果を見ることでわかるかと思われますが、そもそも10%法は利益が出ている時に大負けするリスクを回避することはできる攻略法で、負け続けているものを勝ち続けるようにする必勝法ではありません。ただし、ゲームで連敗してしまうと利益を食い潰すリスクもあるなど、様子見で利用しておいて数回の連敗が続いたら止めるなど、一つの指標として使用するのが10%法の賢い使い方といえましょう。