666戦略は使えるのか?実践シミュレーションで効果を検証

666戦略を使うと本当に勝てるのかシミュレーションしてみた

666戦略が使用できるゲームを選択

カジノゲームに精通されている方なら、666戦略をご存知でしょう。カジノ大国であるモンテカルロで誕生した攻略法で、今ではランドカジノでルーレットに興じる時は必ず使われている方が多いほどです。この攻略法は一種の確率操作をなっており、プレイヤーが多い方が高い効果を発揮するものです。ここではオンランインカジノサービスのベラジョンカジノで、実際に666戦略が効果を発揮するのか詳しく見ていきましょう。

ますは666戦略の対象ゲームについておさらいをすると、それはルーレットになります。ベラジョンカジノのテーブルゲームからルーレットを選択してルーレットを元に実践記録を紹介することになります。シミュレーションではあるものの、ベラジョンカジノでは完全確率を再現したゲームないので、より効果的なシミュレーションとなることが可能です。

【実践】666戦略を30回連続、低単価で試した結果

では実際にベラジョンカジノで666戦略を駆使して、ルーレットに興じて見ましょう。1回では確かな効果を得られなので、最低でも30回は連続プレイを実施しなくてはいけません。その結果をスクリーンショットを見ながら解説すると、計30回のゲーム試行回数のうち21勝を収めることができました。勝率で換算すると約87パーセントとなるので、666戦略は非常に高い効果を発揮していることがよくわかります。

このシミュレーションはほかのカジノサービスでも可能ですが、必須条件は完全確率を有しているところとなります。不規則な乱数を持つソフトウェアを搭載しているのは、ベラジョンカジノを含めると計4つのサービスしかないので、シミュレーションはこの中で詳しく実施をしましょう。

【実践】666戦略を10回連続、高単価で試した結果

次に、高単価で高配当を得る目的の賭け方で666戦略を実施します。1ユニットで20ドルを賭けるシミュレーションになりますが、このゲームでは計10名以上に参加者を募る必要があるのが特徴です。低単価であれば1回のゲームが空回りで終わっても、さほど大きな損失にはなりません。ところが20ドルという単価で実践すると、1回でも空回りが発生すれば大きなコストを負うことになります。

それを避けるためにも必ず、大勢のプレイヤーが集っているテーブルでプレイをしましょう。ここでおこなうシミュレーションは、計40名のプレイヤーのテーブルで計10回連続のゲームに挑みます。その成績は6勝4敗で、トータル収支が250ドルになりました。勝ち越してはいるものの、さほど大きな勝利になったわけではありません。

【検証】666戦略は最大で何連勝できるのかシミュレーションしてみた

収支ではなく、勝率をのばすために666戦略は効果を発揮するのかも検証していきましょう。シミュレーションは今回も同じく、ベラジョンカジノでおこないます。666戦略は常に連続ゲームで効果を発揮するため、同じテーブルでゲームに興じる必要があるわけです。どれだけのゲーム数で連勝できるのかは、プレイヤーの参加人数で変動しますが、ここでは30名固定で実践をします。

マックスベットで尚且つシングルプレイを継続した結果、40戦で28連勝を実現することができました。勝率に換算すると約78パーセントなので、十分に勝ち越したといえるでしょう。この結果を考慮すれば、オンラインカジノはもちろんのことラドカジノでも安定した勝負に挑むことが可能です。

【検証結果】666戦略は負ける可能性が十分にあるので短期決戦が肝心

これまでのシミュレーションをおこなった結果で得られたのは、666戦略を使えば短期間の勝負には高い効果を発揮する攻略法だということがわかりました。ここでおさらいをすると、666戦略は1回負けると11連勝しなければ、損失を回収できないということです。また連勝できる可能性は高いので、最初の数回が勝負1回あたりの単価を高くして、勝ち逃げを目指すのが望ましいでしょう。この攻略法はあくまでも、上級者向けの戦略です。資金が多いほど確かな結果を得られやすいので、初心者ではなく資金力に長けているベテランが使うようにするのも大切な点です。

ランドカジノでは最低でも10ドルからベットをしなくてはいけないので、その点は666戦略を使いやすい環境が整っているといえます。そのため、この攻略法はオンランカジノサービスよりも、ランドカジノで使用するのに向いているものです。カジノによっては攻略法の使用を禁止にしている施設もあるので、足を運ぶ前にしっかりとルールを把握しておきましょう。メモを取りながら実践するのもよく、資金と使用しているチップの合計金額を考慮しながら、50回以内のゲームで使っていくといい方法です。